腹筋を割りたいと思った人はまず腹筋のトレーニングをする

大抵の人は腹筋を割るならこれをやりましょうというメディアが多いため、ご自宅やジムで腹筋をしmっすよね。
なぜなら腹筋を割りたい=腹筋のトレーニングという認識だと思います。
間違ってはいません。ですが、腹筋運動だけして腹筋を割るにはとてつもない時間がかかることはもちろん、割れない可能性もあるからです。

腹筋トレーニングは消費エネルギーが少ないため、効率が悪い

腹筋の筋肉は大きくないため、小さい筋肉のトレーニングを沢山したとしても、消費エネルギーが少ないため、大きい筋肉をトレーニングすることに比べると何倍もやらなければなりません。
だからこそ、少しでも早く結果を感じたければ腹筋の選択をするのはもったいないということです。

腹筋周りの脂肪を落とさない限り、腹筋は見えない

どれだけ腹筋を鍛えても腹筋の周りの脂肪を落とさなければ見えてきません。
なので、身体に一番多く脂肪がついているお腹周りの脂肪を落とすにはより多くの消費エネルギーを生み出さなければなりません。
どのトレーニングをしても食事改善をしても、まずは一番脂肪が多い部分をエネルギーとして消費するため、より多く消費エネルギーを使う部位のトレーニングをすることが大事になってきます。

人は皆、最初から腹筋は割れています

考えてみてください。
目の前に切らずに塊のままの鶏胸肉があるとします。それが腹筋だとしましょう。
その塊のままの筋肉を鍛えたとしても、包丁で切らない限り、アニメのように縦や横に亀裂が入ったりすることはないですよね。
入ったら筋断裂を起こしているので早く病院へ行かなければならない程、危険なことです。
腹筋は最初からよく言われる6パックの状態になっています。
その腹筋を浮き出すためにはお腹周りの脂肪を落とすことが最優先ということです。

全く腹筋をせずに腹筋が見えるようになります

最近、流行っているボディコンテストに出場している選手の方でさえ、全く腹筋をやらずにコンテストに臨む方も多くいらっしゃいます。
今まで述べた通り、最初から腹筋は割れているので、脂肪さえしっかり落としてしまえば見えてくるということです。
ですが、ポイントはその他の部位をコンテストに臨めるようなトレーニングをしつつ、食事もヘルシーに体脂肪を落とせる内容になっていることが条件です。
ですから、一般のお客様は身体全体のトレーニングと食事のバランスを整えた上で腹筋も行い、無理のないスピードとペースで行なっていくことが腹筋を見えるようにする近道だと思います。
パーソナルジムNexusでは腹筋を割りたい方もいらっしゃって、その方に向けての食事指導、トレーニングもお伝えしていますので、ご興味ある方は是非、一度体験にきてください。